※この記事は半年前の出来事の回想録です。



前回、乱太郎師匠が主催するナンパチームでの合同ナンパ講習にて、新宿を歩くOLを連れ出しまでできたものの、全くギラつけず健全なカラオケで終わるという形で終わったONEであった。




この日もONEは新宿に居た。

先日の合同ナンパ講習で初顔合わせしたガクさんから後日連絡を貰い、金曜日に新宿でストをしようとお誘いを受けていたのだ。



約束していた場所に向かい、ガクさんと無事合流した。

挨拶もほどほどに、早速ストを始める為移動する。

この日は生憎の雨で、外は諦め、地下道を流すことに。



東京都内のターミナル駅は大抵どこも駅構内がデカく、地下道も街中まで続いていたりする。

そういった場所なら、悪天候下でも何の問題もなくストナンができるのでオススメ。



ONE自身は、前回の合同ナンパ講習ではバンゲと連れ出しという成果が出せていたので、この日も成果を出す気まんまんで意気込んでいた!

ちなみに、この日は師匠は居ない。

なんとかチーム生二人でも出来る様にしなければという思いもあった。



丸の内線の改札からビックロあたりまでの地下道をウロウロしてみる。

最初の動きだしまで男二人での地蔵トークによりもたついたが、「そろそろやりますか」の号令でそれぞれ声掛けを開始した。

とりあえずウォーミングアップだ!という事で、反応を貰えそうな相手を探す。



ちょうどいい感じの子がONEの周辺視野に飛び込んできた。



-1人目-
場所:新宿地下通路

女の子:髪が割と傷んでる女性

「ちょっと聞いていいですか」で声掛け。

結果:ガンシカ※

※語源は不明だが、ONEは勝手に『頑(ガン)としてシカト』だと思ってる。



反応もらえそうと思った予想は外れたが、最初なのでこんなものかなと捉える。

とはいえ、この頃はガンシカを楽しむほどのメンタルが完成してはいない為、若干テンションは落ちる



ガクさんも声掛けを終えて戻り、お互いに声掛けの状況を報告し合う。

そのまま喋りながら、西口地下広場の方まで移動しようとしたその時、

雑誌のFine(古いww)とかに載ってそうなサーファー系ギャルを発見。


-2人目-
場所:新宿地下通路

女の子:サーファー系ギャル

「ちょっと聞いていいですか」で声掛け。

結果:会話が続くも疲れたから帰る。


まぁまぁ会話は成立しましたが、食いつき不足のため連れ出し打診に対し、

「疲れてるのでまた」

と来たので、

「じゃあまた会う為にLINE交換しましょうよ」

と切り返したものの、のらりくらり交わされてあえなく断念

「お気をつけて!」で放流。



その後西口地下広場にたどりつく。

ここで声掛けに行ったガクさんがなかなか帰ってこない。

『お、連れ出したかな?』

ということで、ONEは一人ぼっち。。。



チームに参加以降、完ソロをしていなかったので地蔵になりかけた。

このままじゃマズイなということで、適当に声掛け再開。

ちょうどいいタイミングにちょうどいい感じのぽっちゃり女性が。



-3人目-
場所:西口地下広場

女の子:ぽっちゃりちゃん

「ちょっと聞いていいですか」で声掛け。

結果:「ごめんなさい」と言われ、切り返せず撃沈。



何の脈絡もなく謝られたので『何か悪いことしたの?』と切り返せばよかった。



そんな自己反省をしている最中、新たなターゲットを発見!

ルックスは大食いアイドルのもえのあずきっぽい感じ。

※ご存知ない方はググって!



-4人目-
場所:西口地下広場

女の子:もえあず風OL

「ちょっと聞いていいですか」で声掛け。

最初こそ驚いいたものの、割と会話が続く。

仕事帰りとのことなので、飲み打診をしてみる。




すると、

もえあず「私、結婚してるんです

と防衛手段を繰り出してきた。

ONE「あ、大丈夫。俺も去年まで結婚してたから!」

もえあず「え?そうなんですか?」



でなぜか、向かっていた方向に背を向けてONEの方に正対した。

もえあず「じゃあ、ご飯だけなら…」

と了承の一言が!!! 

ONEは心の中で歓喜の雄叫びを上げた。



ONEはこの時、かなりテンションがあがって居たので何で急に気持ちが変わったのかが分からなかったが、

少なくとも『婚姻歴がある』ことが彼女の安心感につながったようだ。

やはり、人妻にとって『不倫のリスクをちゃんと考えてもらえる相手』かどうかは重要なようだ。



ちなみに、ONE自身は妻の不倫が原因で捨てられたも同然に離婚した身。

しかしながら、不倫自体に拒否感はない、不倫相手になることも抵抗感がない。

むしろ、肯定的なのかも。

そのことについては、いつの日かもっと詳しくブログに書ければと思う。



もえあずとはその後、割と歩かせてしまったが、ホテルの無い西口の飲み屋街よりはいいだろうと思い、雨を避けるように地下道を通りぬけて歌舞伎町に行った

最初、適当に大衆居酒屋に入ろうと思ったが、同僚に見られるリスクを気にしたもえあずの要望により、

近くのキャッチに話をして、個室居酒屋に案内してもらった

今後の人妻案件にはこのあたりのしっかり気を使っていこうと思う。



そこで彼女がどんなタイプか分かってきた。

・旦那さんとは同じ地方都市の出身

・旦那さんとは夜職をしている頃にナンパをきっかけに出会った

・結婚後、旦那さんの転勤に伴い上京し、まだ数か月目

・この日、旦那さんは出張で不在


ONEは心の中で叫んだ

『なんだかイケそうな気がする~』



この時、時間は22時半頃。



いきなりホテル直行も選択肢にあったが、

初めてのことなのでONEは全力でビビッていた

もう一軒行くことを打診し、あっさり了承が出たので、雨の中移動することにした。

 

長くなったので、続きは次回に



※この記事は半年前の出来事の回想録です。 
 

ONEに聞きたいこと、
ブログに書いて欲しいこと等、
下記リンクよりご相談ください!



ONEへの連絡窓口



ポチットご協力ください↓
ナンパあんてな



ブログランキング・にほんブログ村へ